スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロザフィ大阪校1月レッスンvol.2

この日、三重からお越しのご姉妹。
ネットで大阪校をヒットしていただいて、
大阪に遊びにきがてら、レッスンにいらっしゃいました。

お二人共通してピンクを使われていますが、
全然雰囲気の違うものになりました。
それぞれの個性がありますね。

三重校がありますよ~と説明しましたので、
伺うこともあるかと思います。
dami先生~!!
ブログ上で失礼します。
どうぞよろしくお願いします。

0124taiken2_convert_20120204112952.jpg

こちらも体験の方

0124taiken1_convert_20120204112921.jpg

最初ブルー系でまとめておられましたが
グリーンをいれてポイントに赤を使われたので
躍動感がUPしました。
楽しんでいただけたようで
よかったです!


こちらは昨年末、1レッスン受講を始められた双子ちゃんママmeguさん
体験→ワンディ→悩む→受講!!!
と、浪速的に(笑)とっても楽しくレッスンさせていただいています。


0124megubareltuta_convert_20120204112809.jpg

0124megupenndannto_convert_20120204112834.jpg

好きなものをとことん。
そんなイメージの作品作り。
これからもいっぱいつくれますよ~


大阪校・神戸校ではmeguさんのように、ライフスタイルにあわせて
1レッスンずつの受講が可能です。

育児や家事で忙しい方も、是非。おススメコースです。


こちらはetukoさん
毎回課題をクリアされてきます。
上達がわかりやすく、楽しんでおられるのだな~と感じます。
今はリディアの形をあれこれ試行錯誤されています。



0124etukokasime_convert_20120204112609.jpg

0124etukoposyarongu_convert_20120204112636.jpg

0124etukoredia_convert_20120204112739.jpg

以下は以前のブログから抜粋






バラは大きく分けて原種・オールドローズ・モダンローズに分けることができます。



咲き方はもともとは一重の5花弁の形でしたが、
品種改良が進むにつれて色々な形状のものがでてきて
今は咲き方で11種類にもわけられます。
(ちなみに八重、半八重、一重平、剣弁、高芯、丸弁、カップ、クオーター、抱え、ロゼット、ポンポン)



切花は少し昔は高芯(花弁が中心からむけるように開いて、中心の芯が高いもの)で
剣弁(花弁が外側に反っていて先端のとがっているもの)
のものが咲き方が美しく良いとされていましたが、
ここ最近は丸弁(花弁が丸く、先端がとがらないもの)で
八重咲(25枚以上の花弁をもち、これらが開ききるまで、芯がみえない)の
オールドローズタイプの花形も人気です。



ね。



こんなにいろんなバラがあるのですもの。
好みもいろいろあって当然。
ロザフィは紙だからあるていどの限界はあると思いますが、
好みのバラに近いものができたらいいと思いませんか?

ですからレッスンではみなさんに
好みのバラを見つけてもらうように、お伝えしています。

「個性」を引き出して、磨く。
そんなレッスンを心がけています。





etukoさんやほかのリディアで悩んでいる方の参考になれば。

ロザフィのバラのパーツには
ホンモノのバラの名前が使われています。
でもそのバラ自体を表現しているわけじゃないです。
実物は違いますもの。
店頭で手に入りやすいのは
ピンクのスプレーバラのラブリーリディア。
ジュリアはおしゃれなチャイロの一輪バラ。
興味のある方は写真とかより、実物をお花屋さんに見に行ってみてください。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。